コラム一覧

遺品整理の料金相場更新日:2015年12月14日

20151214

遺品整理相談所に寄せられるお問合せで一番多いのは
「遺品整理業者に問い合わせをして見積もりをお願いしたが適正価格なのかがわからない。」

というお問合せです。

遺品整理というサービスは2002年前後の事でまだ歴史の浅いサービスです。

さらに身内の不幸というのはそんなに何度もあるわけでもありませんので遺品整理を依頼するのは初めてという方がほとんどです。

見積りをとってA社では10万円だったがB社は20万円、C社は30万円という事もあるのが実情です。
安すぎるのも問題がありますし、高すぎるのも問題です。

まずは皆さん自身が遺品整理に関する正しい知識を身に着けて業者選定を行う必要があります。

遺品整理サービスの内容

まずは遺品整理にはどのような項目で費用が発生するのかを考えてみましょう。

人件費・整理費用

まず当然かかるのが人件費です。
担当のスタッフが故人の家に訪問して遺品整理作業を行います。
遺品整理をおこなう自宅の広さによって作業にかかる時間や人数がかわってきます。

1K:1人
1DK:2人
1LDK-2DK:3人
2LDK:4人
3DK:5人
3LDK:6人

が平均的な作業人数です。
あくまで平均的な作業人数ですので、1人くらいの上下はあるかと思います。

トラックの台数

整理をした必要のないものを処分する為に積むトラックが必要です。
いくら部屋数が少なくても荷物が多ければトラック1台では足りませんし逆に部屋数が多くても荷物がすくなければトラック1台で対応可能かもしれません。
この辺りは一概にはいえませんので現地にスタッフが訪問させて頂いて御見積もり書を作成するときに案内を受ける事が出来ます。

オプションサービス

ご自宅の状況により特殊なサービスを行う必要があります。
例えば、家の異臭がひどく脱臭をしなければならない等の事があるとハウスクリーニングやオゾン脱臭等を行います。
孤独死の場合にはオゾン脱臭では匂いが取り切れない場合もありますので特殊清掃でキレイに清掃します。

エアコンの取り外しや害虫駆除などもありますが実際に現地調査を行わないとどのようなサービスが必要なのかも分かりませんので担当のスタッフにお聞きになることをお勧めいたします。

このように遺品整理はほとんどが人件費です。
また自宅から近い業者の方が出張費なども安くなりますので近隣の業者がおすすめです。

実際の料金の相場に関してはこちらのページをご覧ください。

仏壇などの処分方法について更新日:2015年10月22日

仏壇

遺品整理でよくあるお悩みとして仏壇、仏具の処分方法に関してです。
何もせずに処分をしてしまうと縁起が悪く、罰が当たってしまいそうだし、引き取って家に置くスペースもない。。。

という方も多いのではないでしょうか。

仏壇を処分する際にはお寺で供養してから処分するという習わしがあります。
お客様が直接お寺に連絡して供養してもらう事も可能ですが、どのようにして持っていけばいいのか等もあると思います。
しかし、このような対応も遺品整理業者が対応しておりますのでご安心ください。
事前に遺品整理業者に仏壇の供養をして頂ければお寺に連絡をして供養の手配を致します。

仏壇のサイズによって料金は異なりますので遺品整理業者にサイズをお伝えして事前に料金などの確認もしておくと トラブルがなく、スムーズに遺品整理の作業を進める事が出来ます。

探しやすい・優良企業・見積 遺品整理業者様へ