ご相談前に確認する事

遺品整理を考えるタイミングは人によって異なります。
故人が賃貸に住んでいる場合は家賃が発生する為できるだけ早く遺品整理を行う必要があります。
最近では生前予約といったもの形式で対応している業者もあります。
まずは最低限下記の事柄を確認して下さい。

遺言書

可能な場合は遺品整理業者に頼む前に遺言書があるかをまずは確認しましょう。
遺言書には資産だけでなく、この遺品は誰に持っていてほしい、渡してほしい等という事が書いている場合も少なくありません。 亡くなった後に故人の遺志を受け継ぐ為にも遺言書の有無は必ず確認をしましょう。

形見

遺品整理を行うと故人との思い出の品や思い入れの強いしなが必ず数点出てきます。
その中で「形見」として数点選び、遺品整理業者に「これは形見にしたい」という事をしっかりと伝えておきましょう。
何を残して何を処分するのかを決めておくという事ですね。トラブルを避けるためにも必ずご確認下さい。
それは故人とのつながりであり、心の支えになることもあります。
選びきれない場合は担当者にご相談ください。

所有者の確認

賃貸の場合ではエアコンや照明器具、場合によっては家具がもともと設置していることもあります。
故人の主有していたものなのか、家主のものなのかを確認しておきましょう。
また、賃貸の場合滞納家賃がある場合もあります。合わせて確認しておくことをお勧めします。

探しやすい・優良企業・見積 遺品整理業者様へ